ソファんの情報でソファ生活を楽しもう

ソファを選ぶ

実際に上質なソファを選ぶとしたら、何を基準にして選びますか?実用性、それともデザイン?何処まで実用性があればいいとか、どんなデザインが良いとか、ある程度最初でまとめておけばソファ選びは結構スムーズに進めていけると思います。

実用性に富んでいるソファを選ぶことは大切ですが、実用性に富んでいてもデザインがいまいちなら部屋を上手くレイアウトすることが難しいでしょうし、逆に、デザイン性はあるのだけれども、あまり実用性がないソファだと、あまりソファに座りたくなくて、ただの置物と貸してしまう可能性だってあります。

デザインと実用のバランスが、実は結構曲者

口ではデザイン性と実用性のバランスなんて言っていますが、そのバランスを取るのはなかなか難しい物です。ベッドやソファの種類はやけに多いのでその中で、実用性、デザイン性のどちらかに気を引かれてしまうと、そのベッドやソファだけに目がいってしまい他の家具なんて見えなくなってしまいますからね。

ですから、気に入ったソファを見つけたときでも、直ぐに決めてしまうのではなく、一度検討する為にその日は家でゆっくり考えてみるんですよ。そうしたら冷静になって色々な物が見えてくるでしょうし。

また、どのような部屋に設置するのかということもソファ選びには重要です。リビングに設置するなら多少大きめのソファが良いかもしれませんし、寝室に設置するならデザイン性よりも実用性で選んだ方が無難かも知れませんし、このように、自分なりの基準を設けてソファ選びをしていくというのも大切では無いでしょうか?

大きさはニ関してもう1つ、気をつけることがあります。それは、部屋の入り口のサイズ。部屋の間取りのサイズはOKでも、搬入時に入り口に掛かってしまい、ばらさないと搬入できないと言ったケースや、最悪他の部屋に設置したと言う話も聞きます。このような失敗をしない為にも、部屋の間取りだけでなく、部屋の入り口、家の入り口である玄関、部屋へ繋がる廊下や階段といった箇所のサイズはしっかりと確認しておきましょう。

家具などのソファ選びは自分だけで決めないこと

また、ソファを選ぶ際には、自分だけで決めるのではなく、友人なども一緒に連れて行って調べるというのも良いかもしれません。

それはなぜかといいますと、自分では良いと思っているレイアウトでも、友人からしてみれば何かが違うと思うかも知れませんし、友人のアドバイスも貰いながら一緒に気に入るレイアウトを作っていく、というのもソファ選びの楽しみかも知れませんね。

あとは、自分が気づかない点を、友人が指摘してくれることもあります。ソファやベッドいった家具は安い買い物ではないので、失敗の要因を減らす為にも、知人や友人、家族と出かけて購入するようにしましょう。

まぁ、この話はソファだけに限ったわけではないですが(笑)