ソファんの情報でソファ生活を楽しもう

ソファのお手入れ方法

ソファ購入後に大切なことと言えば、日々のお手入れ方法ですよね。お手入れするのとしないとでは、品質に大変な差が出てきます。このページでしっかりとしたお手入れ方法をマスターして、明日からのメンテナンスに役立てましょう☆部屋の模様替えのときも、ついでにソファやベッドのメンテナンスを行なうほうが無駄が無くてよいですよ!

天然草のお手入れ

まず、よくある天然の革を使用したソファについてですが、このソファは基本的に日光に当たらないところに設置しておいた方が良さそうです。何故なら、天然革というのは、日光に長時間当たると変色してしまうそうなのです。

あと、熱にも弱いそうなので、熱を発する物の近くにおいておくのは避けましょう、熱を発する物と言えば、ストーブとかですかね。また、皮というのは非常にデリケートですので、ホコリとかが付着してしまわないようにこまめに掃除機などでお手入れしましょう。また、革の品質を保持する為に、その革に合ったワックスで掃除するのが好まれます。まちがったワックスを使用しないように気をつけてくださいね

布のお手入れ

次に布製のソファのお手入れ方法ですが、革製のソファのようにそこまでこまめにお手入れしなくてもOKです(笑)もしも汚れが気になった場合などは、中性洗剤や、ホームクリーニング用の洗剤を薄めて拭いてやると良いでしょう。その際に、固く絞って拭いた方が良いです、そうしないと、中性洗剤などがソファに付着してしまう恐れがあるので、その辺は注意して下さいね!

最近は霧タイプの消臭剤がでていますので、そういうのも活用しておくと更にお手入れが楽になると思います。

合成革のお手入れ

最後に合成革のお手入れについてですが、これも天然の革に比べるとお手入れが簡単です。乾拭きや固く絞ったぞうきんで拭くだけで普段のお手入れはOKです(笑)しかし、合成革の表面は非常に傷つきやすくなっているので、目の粗い布で拭くのは避けましょう。また、中性洗剤ではなくアルカリ性や酸性の強い薬品で拭いてしまうと、劣化や、変色する恐れがありますので出来れば避けて貰った方が良いかもしれませんね。

このように、合成革や布製のソファに関してはそこまで細かいお手入れというのは必要ないのですが、やはり本革になってくると細かいお手入れが必要なようです。やはり生き物の革というのはデリケートなんだなぁと改めて思いますよね(笑)とりあえずこの点だけ気をつけておけばお手入れに関しては問題ないはずですので頑張って下さいね☆

2016/7/11 更新